資材を集める

本を読む眼鏡の少年

とうらぶ、という言葉は現在稼動を始めたブラウザゲーム、刀剣乱舞を開発チームが省略した言葉です。このゲームは最近一大ブームを引き起こした、艦これという同じくブラウザゲームを開発したチームと同じになります。 有名どころの刀剣を集め、歴史の改竄を阻止するという趣旨のゲームになりますが、その刀剣を集める為に資材を必要としています。 資材は自力で集めることも出来ますが、遊ばずに放置している間にも徐々に増えていく仕組みになっています。そのため連続で遊び続けることは難しいですが、放置していても問題なく再開できるという仕組みになっているのです。 またログインボーナスという概念も無く、毎日続けるのはちょっと難しいという人でも気にすることなく好きな時に遊ぶことができる、というのが放置型ブラウザゲームの強みです。 とうらぶや艦これといった放置型ゲームが人気を得たことによって今後、毎日遊ばなくても大丈夫ということを売りにしたゲームはますます増えていくことでしょう。

とうらぶは刀剣の由来や歴史に基づいて設定が組まれていることから、とうらぶを通じて刀剣や歴史、偉人に興味を持ったという人が多く見受けられます。 実際に重要文化財や国宝として保管、あるいは展示されている刀剣もゲーム内に多くあります。 興味を持ったことで実際に展示会に参加する人や、歴史を垣間見る為に現地に足を運ぶ人はこれから増えることでしょう。 これから数多くの人が訪れることを考え、観光地と利用者それぞれがルールや節度を守っていく必要性が高まります。 折角の展示品を見る機会が二度と失われてしまわないように、人気が出始めている今こそ、一人一人のルール厳守やマナーなどの基本的なところが強く問われてくることでしょう。